ハピシェア | 必要なことだけをシンプルに好きな場所で大切な人たちと幸せの連鎖を

MASASHI & NAMI 将司 & 奈美

  • PROFILE
  • STORY
  • CELEMONY
 

前田 将司

 1980年春、山梨県南都留郡西桂町に生まれる。
良い子風なマジメっぽさと、理科の時間にコンセントに豆電球を突っ込んで爆破させる前衛的な好奇心を併せ持つ少年時代を過ごす。大学ではお酒の力により素の自分を曝け出していたが、山梨県庁に入庁後は、いわゆるマジメな公務員に。喜びも悲しみも深い懐で受け入れてくれる山梨(と東京)の街で暖かい仲間とのつながりができる。ほぼ全てを愛してもらえる奈美さんと巡り会えてとても幸せになる。

 

秋山 奈美

 1988年夏、山梨県南巨摩郡富士川町に生まれる。
 好奇心旺盛な女の子で、お寺の庭で近所の子と駆け回りながら元気に育つ。音楽好きな母の影響で、小さい頃からクラシック•ハードロック•JAZZなどに触れていた。学生時代の友人や大人になってから出会った方々のサポートや繋がりに感謝ばかりの日々。大きく包み込んでくれる将司さんに出会えて幸せです。

     

かえるのクワちゃんと美香ちゃんからご縁をいただいて知り合う。初デートは甲府市内のインド料理屋さん(スーリヤ)からの県立美術館。インド好き、仏教哲学好き、理系という不思議な共通点から意気投合。

付き合い始めてから、90年代ビジュアル系バンド好き、温泉好き、食べることが大好きな似たもの同士であることが判明する。

はじめての旅はラオス、ルアンパバーンが思い出の場所に。
それに続く東北五県巡りでは、ほぼノープラン&雪山でのキャンプという死線をくぐり抜けて絆が深まる。琴平荘のラーメン超うまい。

自然派な新婦の影響を受けて、インドア派だった新郎のアクティブ度は若干上昇。新婦はお酒好きだった新郎に大きく影響される。

プロポーズの場所はミラベル。この時指輪の準備が間に合わず、再プロポーズを付き合うきっかけになったevam evaで再度新郎が決行。初回2回目共にOKをいただきめでたくゴールイン。

令和2年6月20日入籍。

私たちはとても良いご縁に恵まれて夫婦となることができました。

これまでいただいたご縁をより多くの人につなげることができるように、2人がこれまでお世話になった方々のお店等をご紹介させていただきます。

ハピシェアを通じて、皆さんが良いご縁に巡り合えることを祈っています。





 3,000円から30,000円のコース各種をご用意させていただきました。コースのおよそ半分が夫婦へのお祝いに、残りの半分は“お祝いの半返し”としてカタログの中からお好きなものをお選びいただけます。複数のコースをまとめてお選びいただくことも可能です。
 カタログの中にはお店に直接ご来店していただくもの、ご自宅へ配送させていただくものがありますので、各コースの説明をご確認ください。

お選びいただいた支援の対象となるチケットや食事券は、使っても使わなくてもお店にはその分の金額が支払われます。なお、食事券についてはおつりが出ませんのでご了承ください。